サッカーJリーグ1部(J1)のジュビロ磐田が、J1横浜F・マリノスの元日本代表MF中村俊輔選手(38)を獲得することが29日、有力となった。本人が移籍の意思を固めた。今後、詳細を詰めて契約する見通し。関係者の取材で分かった。

 磐田は今夏、日本代表MF小林祐希選手が海外に移籍。攻撃の要を欠いたリーグ後半戦は失速し、最終節まで残留を決められなかった。中盤の司令塔の補強は来季の最優先課題だった。

 中村選手は1997年に横浜に入団。2002年に海外に渡り、05年から所属したセルティック(スコットランド)ではリーグ優勝を果たした。欧州で8年間プレーし、10年に横浜に復帰。13年に2度目のJリーグ...    
<記事全文を読む>