浦和は28日、湘南のMF菊池大介(25)が完全移籍で加入すると発表した。MF山田直輝(26)とDF岡本拓也(24)は来季も湘南への期限付き移籍期間を延長する。

 横浜市出身の菊池は湘南ユースから2009年にトップ昇格した。J1通算96試合8得点、J2では162試合24得点。U―19(19歳以下)など年代別の日本代表にも名を連ねた経験がある。

 浦和を通じ「オファーをいただき、とても光栄。日本のトップクラブでJリーグ優勝、ACL優勝を達成するため、自分の持っている力を120パーセント出して貢献していく」とコメントした。

 山田は今季湘南でリーグ戦11試合2得点。岡本は21試合1得点だった。湘南...    
<記事全文を読む>