天皇杯全日本選手権で初の頂点を狙う大宮は29日、川崎と準決勝を争う(15時5分・日産ス)。川崎との今季の対戦は1勝1敗で、3度目の顔合わせとなる。日本代表クラスがずらりと並ぶ川崎に対して、「ここまできたら勝たないともったいない」と渋谷監督。「勝つためにやる」と、じっくりと戦略を練った。

 チームは28日、高木サッカー場で最終調整した。室内で約30分間のミーティング後、11対11と攻守のセットプレーに取り組んだ。主力組は24日の湘南戦と同じ顔触れだった。風邪から復調した家長は控え組に入り、2試合連続のベンチスタートの見込みとなった。

 今年、最後の試合を前に渋谷監督はここまでを振り返り、「上...    
<記事全文を読む>