J1磐田は27日、J1広島から期限付き移籍しているMF川辺駿(21)の期間を2018年1月末まで延長すると発表した。

 川辺はJ2だった昨季加入し、J1昇格に貢献した。今季は26試合2得点。中盤の要として存在感を発揮し、日本代表MF小林の海外移籍後はトップ下でも活躍した。磐田在籍3年目になり、「全ての試合で貢献したい」とコメントした。

 DF石田崚真(20)はJ2金沢へ18年1月末まで期限付き移籍する。磐田ユース出身2年目の石田は「成長して磐田に帰ってくる」と意気込みを示した。

...    
<記事全文を読む>