今季のマリノスを振り返るとき避けて通れないのは2007年から使用していた、みなとみらい内のマリノスタウンから撤退したことだ。16年5月で定期借地契約が満了となり、再契約をするとなると、年間6億円の賃借料は5割増に。維持できないと見て、新横浜公園内施設へと場所を移した。

 Jクラブでも最高レベルを誇ったホームの練習場から、一般も使用できる公共施設に変わり、ある選手は「以前を10のレベルだとすると半分以下、悪くすると3とか4程度」と話す。一面のピッチは好きな時間に好きなだけ使用するわけにいかず、他の横浜市内2カ所の競技場を併用している。練習日程は2週間先までしか決められない。

 クラブハウスも...    
<記事全文を読む>