J1鹿島は25日、2017年シーズンで使用する新ユニホームを発表した。クラブ創立26周年の来年は従来の伝統を重んじつつ、新しい挑戦をしていく姿勢を表現し、ホーム用、アウェー用ともに大胆に刷新した。ホーム用はチームカラーのディープレッド(深紅)ではなく、鹿島灘や水に囲まれた水郷のホームタウンを象徴するネイビー(紺色)を基調。前面はディープレッドとの横じまになっている。アウェー用はチーム初のピンクを採用。ピンクは緑の反対色で、芝生のピッチの上では最も映える色という。敵地でも存在感を増す狙いだ。また、ユニホームの右袖に入るホームタウンマークも新しいデザインに変更される。

 (藤崎徹)
<記事全文を読む>