J1神戸のFWペドロジュニオール(29)が退団し、鹿島に移籍することが分かった。近く発表される。今季11ゴール、11アシストをマークしたブラジル人ドリブラーが去り、神戸は新たな助っ人獲得に乗り出している。

 大宮や新潟、G大阪、韓国リーグを経て、2014年に神戸入り。同年は鋭い突破で敵陣を切り裂き、13ゴール。15年は右脚付け根痛などが慢性化するグロインペイン症候群を患って1ゴールにとどまったが、16年は復活を果たし、得点王となったレアンドロとともに過去最高の7位に導いた。クラブは慰留に努めたが、本人の意思が固かった。

 神戸は元ドイツ代表FWポドルスキ(31)=トルコ・ガラタサライ=らを...    
<記事全文を読む>