サッカーJ1鹿島アントラーズの石井正忠監督が22日、鹿嶋市役所を訪れ、J1制覇やクラブワールドカップ(W杯)準優勝について、アントラーズ・ホームタウン協議会会長の錦織孝一市長に報告した。

 開催国王者として挑んだクラブW杯で、アントラーズは日本勢初の決勝進出を果たした。決勝では、世界的強豪クラブのレアル・マドリード(スペイン)から一時リードを奪うなど、欧州王者を追い詰めた。延長で力尽きたものの、その勇敢な戦いぶりは世界から称賛を浴びた。

 Jリーグ年間王者を懸けた明治安田チャンピオンシップからクラブW杯まで、過密日程で目覚ましい結果を残したことに、石井監督は「選手たちの自己管理が素晴らしか...    
<記事全文を読む>