大分トリニータからJ1磐田へ移籍するMF松本昌也(21)が23日、大分市の県サッカー協会スポーツ公園でサポーターに別れのあいさつをした。

 集まった約200人のサポーターを前に、松本は「大分でプロ生活を始めることができて感謝している」と言葉を詰まらせ、在籍した4年間を「J2、J3に落として申し訳ない気持ちでいっぱいだった。最後にJ3で優勝できて幸せ」と振り返った。最後に「新たなステージで厳しいことも待っていると思う。大分で学んだことを発揮し、恩返しできるように頑張りたい」と誓った。

 その後、2時間ほどかけてサポーター一人一人と写真撮影やサインに応じた。

 移籍について松本昌は「とても悩んだ...    
<記事全文を読む>