Jリーグの年間表彰式「Jリーグ・アウォーズ」が20日、横浜アリーナで行われ、J1年間勝ち点1位でYBCルヴァン・カップを制した浦和のGK西川周作、DF槙野智章、MF阿部勇樹、柏木陽介がベストイレブンに選出された。4人は最多で、クラブとしては2007年の5人に次ぐ人数。最優秀選手賞(MVP)は年間勝ち点2位だった川崎のMF中村憲剛に贈られた。

 西川のベストイレブン入りは5年連続5度目、槙野は2年連続3度目、阿部は9年ぶり4度目、柏木は初。浦和はルヴァン杯優勝チームとしてミハイロ・ペトロビッチ(ミシャ)監督をはじめ、5選手を除く全員が式に出席した。

 浦和のDF遠藤航、MF関根貴大、FW武藤...    
<記事全文を読む>