サッカーJ2のファジアーノ岡山は19日、J1の浦和レッズから期限付き移籍していたMF矢島慎也選手(22)の移籍期間が満了し、来季は浦和でプレーすると発表した。

 矢島選手は今季35試合で5得点を記録するなどチームの主軸として活躍。リオ五輪の日本代表にも選ばれた。

 矢島選手は「岡山でプレーさせていただき、自分自身成長できたと思う。ただ、J1昇格を達成できなかったことは申し訳なく、自分の力不足も感じ、向上心も芽生えた。悔しさを無駄にせず、さらに成長したところを見せられるように努力することが大事だと思っている。2年間ありがとうございました」とのコメントを出した。

...    
<記事全文を読む>