世界一を争う舞台で、鹿島の柴崎岳(がく)選手(24)=野辺地町出身、青森山田出=がひときわ輝きを放った。18日夜、横浜市で行われたサッカークラブワールドカップ(W杯)決勝。チームは欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)に延長の末に屈したものの、一人で2点を決める活躍で、背番号10の名を世界にとどろかせた。「よくやった」「もっと成長して」。地元や親、恩師たちからはねぎらいの声が上がった。

...    
<記事全文を読む>