サッカーのクラブ世界一を争うクラブワールドカップで、欧州代表の強豪レアル・マドリード(スペイン)と対戦し、準優勝を果たした鹿島アントラーズ。熱狂的な県内外のサポーターや選手の家族らはスタジアムや地元のスポーツバーで熱い声援を送った。惜しくも敗れたが、決して諦めない不屈の闘志を見せ、大善戦を演じた鹿島の選手たちを、サポーターは「よくやった」とたたえた。 鹿島の世界挑戦を見届けようと、スタジアムには多くの鹿島サポーターが集結した。選手らがピッチに姿を現すと大歓声で選手を鼓舞。決戦ムードを高めた。 家族4人で訪れた石岡市の仲田梓さん(30)は今大会の鹿島の快進撃に「一試合一試合仕上がっ...    
<記事全文を読む>