◇サッカークラブW杯 クラブワールドカップ(W杯)最終日は18日、横浜市の日産スタジアムで2試合が行われ、決勝でJ1覇者の鹿島が欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)に健闘したが、延長の末に2-4で敗れてアジア勢初の優勝はならなかった。Rマドリードは2大会ぶり2度目の制覇で賞金500万ドル(約5億9000万円)を獲得。ハットトリックのロナルドが最優秀選手に選ばれた。

 先制を許した鹿島は前半44分、柴崎が同点ゴール。後半7分に柴崎のミドルで勝ち越したが、PKで追い付かれた。延長に入り、ロナルドに2ゴールを奪われ力尽きた。Rマドリードは欧州と南米が対戦した前身のインターコンチネンタルカップ...    
<記事全文を読む>