サッカーのクラブ世界一を争うクラブワールドカップ(W杯)最終日は18日、横浜市の日産スタジアムで決勝と3位決定戦を行う。アジア勢初の決勝進出を果たしたJリーグ王者の鹿島(開催国枠)は、欧州代表で世界屈指の強豪レアル・マドリード(スペイン)に挑む。キックオフは午後7時半。

 17日、記者会見に臨んだ鹿島の石井監督は「素晴らしい舞台に立てて本当にうれしい。勝てると信じてやる」と意気込みを語った。同席した柴崎は「日本のレベルは世界に比べると高くはなく、これから何十年かけてレベルを上げていかないといけない。決勝はその第一歩」と抱負を語った。3位決定戦は北中米カリブ海代表のアメリカ(メキシコ)と、南...    
<記事全文を読む>