サッカーのクラブワールドカップ(W杯)でアジア勢として初めて決勝に進んだJ1鹿島(開催国枠)は16日、横浜市内で冒頭以外を非公開として約1時間半練習し、柴崎(青森県野辺地町出身)や金崎、小笠原らが紅白戦を行った。18日の決勝(日産スタジアム)で欧州代表のレアル・マドリードに挑む。

...    
<記事全文を読む>