常葉大健康科学部(静岡市葵区)が、来季J1に復帰する清水の選手の肉体強化を支援することになった。今月から全選手の筋力などを細かく測定。そのデータを基に、清水は選手の肉体改造に役立てる。

 清水は2015年、主力選手に負傷者が相次ぎJ2降格を味わった。今季もその流れに歯止めがかからず、序盤は苦戦が続いたことなどを踏まえ、土斐崎浩一フィジカルコーチ(52)が同大にデータ測定を依頼した。

 担当するのは栗田泰成助教(41)ら同大健康科学部静岡理学療法学科のスタッフ。大学が所有する総合筋力測定装置など機器を使い、体成分分析や部位別筋肉量、水分量など多岐に及び、来季始動直前まで連日行う。

 栗田助教は...    
<記事全文を読む>