来季J2のアビスパ福岡でU-18(18歳以下)からトップチームに昇格するFW崎村祐丞(ゆうすけ、18)が14日、福岡市の雁の巣球技場で記者会見し、初年度の目標に「プリンス超え」の年間7得点以上を掲げた。

 J1鹿島への移籍が決定的なFW金森健志(22)は、福岡・筑陽学園高から入団した2013年にJ2で37試合に出て6得点を挙げた。当時福岡U-15(15歳以下)の一員でボールボーイとして試合を観戦した崎村は「(ボールを持ったときの)推進力がすごかった」と憧れる。

 ドリブルでの突破力は崎村も自信があり「ゴール数は一番結果として目に見える。金森さんを上回る」と張り切る。鈴木健仁強化部長も「将来...    
<記事全文を読む>