サッカー・J1サガン鳥栖を今季限りで退団するMF金民友(キム・ミヌ)が14日、福岡空港から母国・韓国に向けて帰国した。空港には約300人のサポーターが駆け付け「ミヌ行ってらっしゃい」「帰ってこいよ」などと声を掛けて最後まで別れを惜しんだ。

 正午ごろ空港に到着した金民友は、多くのサポーターから出迎えられ、ハイタッチをしながらロビーへ。搭乗手続きを終えた後、サポーターとの最後の集合写真に収まり「これからも鳥栖を応援して強くしてください」とあいさつした。

 大勢の見送りに「本当に愛されていたんだなと、もう一度感じている」と金民友。「7年間愛されたからこそ成長できた。鳥栖を忘れずに応援していく」...    
<記事全文を読む>