サッカーのクラブ世界一を争うクラブワールドカップ(W杯)で快進撃を続けるJ1王者の鹿島は14日、大阪府吹田市の市立吹田スタジアムで南米代表のナシオナル・メデジン(コロンビア)と準決勝を戦う。キックオフは午後7時半。

 鹿島はアジア勢初となる決勝進出が懸かる。13日は大阪市内で公式練習に臨んだ。冒頭15分のみが公開された。セットプレーを確認し、準々決勝で温存した小笠原は主力組に入ったとみられ、先発が濃厚。右足にけがを抱えている柴崎が控えに回り、2試合連続ゴール中の金崎は今回もベンチスタートが予想される。

 1回戦から中2日で試合が続く。疲労はピークに達しているはずだが、2試合ともフル出場の土...    
<記事全文を読む>