来季のサッカーJリーグ1部(J1)昇格を決めている清水エスパルスは10日、静岡市清水区で「シーズンシートオーナーパーティー感謝の集い」を開催した。

 年間席購入者が対象で、初めての取り組み。500人が出席し、小林伸二監督や32選手と会食や写真撮影で交流を深めた。小林監督は「個人がチームのために動き出せるようになったところ。来年はさらに楽しみなシーズンになると思う」と話した。

 J2で戦った今季、年間席は4300枚の販売にとどまったが、J1に所属していた昨年は5500枚程度を売り上げていたという。

...    
<記事全文を読む>