サッカーのクラブ世界一を争うクラブワールドカップ(W杯)は8日、横浜市の日産スタジアムで開幕し開催国枠で初出場したJ1覇者の鹿島は開幕試合の1回戦でオセアニア代表のオークランド(ニュージーランド)に2-1の逆転勝ちを収めた。鹿島は後半5分に失点したが、その後は攻勢を強め、途中投入の2選手が得点を挙げた。同22分、パス回しで崩し、赤崎が決めて同点。同43分には左クロスの折り返しを金崎が頭で押し込んで勝ち越した。11日の準々決勝は、アフリカ代表のマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>