クラブ世界一を決めるクラブワールドカップ(W杯)は8日、横浜市の日産スタジアムで開幕して1回戦の1試合が行われ、J1覇者で開催国代表の鹿島がオセアニア代表のオークランド(ニュージーランド)に2-1で逆転勝ちした。11日の準々決勝でアフリカ代表のマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)と対戦する。

 鹿島は後半早々にFKから先制されたが、赤崎が決めて追い付き、43分には金崎が頭で決勝点を挙げた。

 大会は7チームが参加。欧州代表のレアル・マドリード(スペイン)、南米代表のナシオナル・メデジン(コロンビア)は準決勝から登場する。

 スコアは1-1。延長突入かと思われた後半43分、鹿島のDF山本が左...    
<記事全文を読む>