Jリーグは7日、ピッチの芝の状態などが最も優秀なリーグ戦の試合会場に贈られる今季のベストピッチ賞にJ1仙台の本拠地、ユアテックスタジアム仙台(ユアスタ仙台、仙台市)を初めて選んだ。受賞はほかに、デンカビッグスワンスタジアム(新潟市)豊田スタジアム(愛知県豊田市)埼玉スタジアム2002(さいたま市)。

 最も活躍した若手選手に贈られる「ベストヤングプレーヤー賞」には今季22試合4得点と活躍し、リオデジャネイロ五輪にも出場したG大阪の井手口陽介(20)を選出。最優秀監督賞は7年ぶり8度目のリーグ制覇を達成した鹿島の石井正忠監督(49)が初受賞。

 フェアプレー賞高円宮杯は広島が5年連続6度目の...    
<記事全文を読む>