サッカーJ1・川崎フロンターレのプロモーション部長を務める天野春果さん(45)が来年、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会に出向する。これまで等々力陸上競技場で宇宙飛行士との交信を実現したり、小学生用の算数ドリルを作ったりと、地域向けに仕掛けた名物企画は数知れず。リーグ有数の地域密着クラブに引き上げた川崎での経験を糧に、五輪という新たな舞台に挑む。

 (横井武昭) 十一月三日の第二ステージ最終節。試合前の競技場を歩くと、サポーターから「天野さーん」と次々に声がかかった。一人一人と握手して言葉を交わし、記念撮影をする。チームカラーの水色に染まった観客席には笑顔があふれる。「こ...    
<記事全文を読む>