J1年間王者を決める明治安田チャンピオンシップ(CS)決勝第2戦は3日、埼玉スタジアムで行われ、第2ステージ覇者で年間勝ち点1位の浦和が、第1ステージを制した同3位の鹿島に1―2で逆転負けし、ホームアンドアウェー通算2―2(第1戦1―0)でアウェーゴール数により10年ぶり2度目のリーグ優勝を逃した。観衆約5万9800人が詰め掛けたスタジアムはため息が漏れた。

 まさかの光景だった。試合終了の笛が鳴ると、選手はピッチで崩れ落ち、ぼうぜん自失だった。スタジアムは一瞬静まり返り、悲鳴が起こった。

 浦和は痛恨の逆転負けを喫した。年間勝ち点1位で臨んだCS決勝。アウェーの第1戦を1―0で制し、圧倒...    
<記事全文を読む>