恩師と自分自身へ初タイトルを贈る。約10年の付き合いがあるミシャ監督へ「広島のときは欲のない人だった。浦和に携わってからタイトルを取らないといけない思いが強くなった。お互いその目標へ向けてやってきた。いい顔で終わりたい」と第2戦のハッピーエンドを思い描く。

 司令塔が目指すのは本来の浦和を見せることだ。「鹿島が攻めるのを逆手にとってカウンターで1点取れば優位。攻撃的に点を取る試合がしたい」とエキサイティングなゲームで頂点に立つ。

...    
<記事全文を読む>