来年度からクラブチームとして活動するJR北海道の名称が「JR北海道硬式野球クラブ」となることが4日、分かった。既に入社内定済みの新人4人も予定通り加入する方向で調整している。

 同日、札幌市内で行われた道内社会人野球のベストナイン表彰式後にJR北海道の狐塚監督が明かした。クラブ化後も同社はクラブ入りを希望する社員の採用を続ける。また、スタッフを含めた30人の部員のうち数人が移籍や引退を検討しているという。

...    
<記事全文を読む>