バルセロナ五輪日本代表監督で富山県野球協議会アドバイザーの山中正竹さん(69)の野球殿堂入りを祝う会が2日、東京都内のホテルで開かれ、プロ、アマの野球関係者ら約1千人が祝福した。

 山中さんは法政大で投手として活躍し、東京六大学リーグ最多の48勝をマーク。五輪監督などを務め、プロ・アマの垣根を越えた野球界の発展に貢献してきた。

 会では市野紀生全日本野球協会長、熊崎勝彦日本野球機構会長、王貞治ソフトバンク会長らが祝辞を述べた。

 山中さんは「野球と関わってきた幸せをしみじみと感じている。知見を若い人たちに伝えていきたい」とあいさつした。

 プロ野球OBの田淵幸一さん、山本浩二さん、進藤達哉さん...    
<記事全文を読む>