米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が30日、東北楽天の本拠地、仙台市のコボスタ宮城を訪れ、かつてのチームメートらに今季の成績を報告するとともに、ボールパーク化が進む球場を見学した。

 シーズン終了後、恒例となっている訪問。今季は大リーグ3年目で初めて規定投球回を投げ、自己最多の14勝を挙げた。「向こうに行って、自分として一番いいシーズンを送ることができた」と手応えを語った。その一方で、「規定投球回を投げるのは最低限のこと。チームの結果にも結び付いてない。やるからにはプレーオフに行って勝ち進まないと」と話した。

 球団職員に案内され、天然芝になったグラウンドに立ち、今季設置された観覧車とメ...    
<記事全文を読む>