人権週間(4~10日)が4日スタートし、函館市などは人権尊重を乗客や市民にアピールする市電「人権号」を運賃無料で運行した。3日には同市内で人権をテーマにした作文やポスターコンテストの表彰式が開かれ、プロ野球北海道日本ハムファイターズの鍵谷陽平投手=七飯町出身=が「1日人権擁護委員」として他人への思いやりの大切さを呼び掛けた。

 人権週間は、1948年12月10日に国連が世界人権宣言を採択し、この日を「人権デー」と定めたことに伴い、人権デーの意義や人権思想の普及などを目的に設けられている。

 市電人権号は、市や函館地方法務局、函館人権擁護委員連合会が運行。湯の川~谷地頭間を1往復した。車内に...    
<記事全文を読む>