中日ドラゴンズ飯田後援会の納会が三日、飯田市桜町の信濃屋で開かれた。会員らは低迷した今季を振り返り、「来季こそ日本一を」とチームの後押しを誓った。

 球団の横断幕などが掲げられた会場に、飯田下伊那地方の会員四十五人ほどが集まり、そろいの法被やTシャツを着てドラゴンズ談議に花を咲かせた。

 佐々木崇夫球団社長も会場を訪問。ドラフト会議の裏話などを紹介し、「薄氷を踏むようなリーグ戦だった。六位に懲りず、身捨てることなく熱い応援を」とあいさつした。

 名誉会長の吉田博美参院議員もメッセージを寄せた。◆長野のファンも今季を語り合う 県北部の中日ドラゴンズファンでつくる長野ドラゴンズ会の納会が三日、長...    
<記事全文を読む>