ベテランが、元気印の挑戦を受けて立つ。契約更改に臨んだ田中賢は、3年契約の3年目を5000万円増の2億円プラス出来高でサインした。

 「1年間、しっかり全試合に出られたことを評価してもらえた。自分自身、成績に関しては納得いってない。そこが課題かな」。日本一の原動力だった背番号3は、来季へ視線を切り替えた。

 同日に契約更改交渉を行った杉谷が、「僕自身はセカンドのポジションを獲る思いがある」と、レギュラー奪取を宣言。それでも、宣戦布告を伝え聞いた田中賢は余裕たっぷりだ。「毎年恒例ですね。負けないように頑張りたい。とりあえず自分のことをやります」。苦笑交じりのコメントに貫禄が漂った。

 打率・2...    
<記事全文を読む>