高知県観光コンベンション協会は12月1日、プロ野球西武―楽天のプレシーズンマッチ2試合を、2017年2月25、26の両日に高知市の春野球場で開くことを発表した。高知県でのプレマッチ開催は2年ぶり。両チームの1軍選手が高知を訪れ、開幕を見据えたハッスルプレーが見られそうだ。

 プレマッチは1軍チームの高知離れを食い止めるため、高知県が球場使用料や宿泊費などを助成して2012年に始まった。2012年は6試合で約1万1千人、2013年は4試合で約1万5千人、2014年は4試合で約1万6千人、2015年は2試合で約9千人が観戦。

 しかし2016年は、日程が合わないなどの理由で参加希望球団が西武し...    
<記事全文を読む>