富士大硬式野球部は23日、花巻市の同大スポーツセンターで野球教室を開いた。来年1月からは小中学生を対象に月に数度本格的に開催し、全国レベルの野球で地域貢献する。4年連続でプロ選手を輩出している強豪大学の選手がコーチとなり、本県球界のレベルアップにつなげる。

 同日は同市のスポ少「花巻レジェンズ」の14人が参加。富士大は主将の小林遼捕手(3年、宮城・仙台育英高)や三浦智聡内野手(3年、盛岡大付高)ら主力選手5人がコーチを務め、キャッチボールやゴロ捕球、打撃練習など基本動作を教えた。

 教室はトップレベルの野球のノウハウを地域に還元しようと企画し、ボランティアで実施。来年1月からは、小中学生を...    
<記事全文を読む>