野球の独立リーグ・ベースボールファーストリーグ(BFL)の姫路GoToWORLD(ゴートゥーワールド)が、新たな運営会社を設立できなかったことなどから、今季限りで活動を休止することが22日、分かった。

 姫路を巡っては、2015年夏にそれまで運営していたNPO法人が資金難を理由に撤退。救済策としてBFLが直営し、新会社の設立を待っていた。所属選手はBFLの他球団などに移籍してプレーを続けるという。

 姫路は14年に地域密着型のチームとして設立され、BFLに所属。初年度から今季まで3年連続最下位と成績は振るわなかった。(宮崎真彦)

...    
<記事全文を読む>