今秋の少年野球県大会で、柏市選抜の小学生チームが、男女ともに初優勝を飾った。女子は記念の第一回大会で、男子は参加七年目にして悲願の栄誉に輝いた。選手たちは二十日、市役所に秋山浩保市長を訪ね、優勝までの道のりを報告した。

 女子は市内の十チームから選ばれた五、六年生十五人で編成。十一月十二、十三日に袖ケ浦市で県少年野球連盟が主催した第一回秋季女子大会に出場した。十一チームが三つに分かれた予選と決勝リーグで争い、柏選抜は全勝で優勝した。

 女子の県大会はこれまで五月に三回開かれており、柏選抜の最高成績は、今春の三位。柏市少年野球連盟の金丸正孝会長は「着実に力を上げてきた」と評価した。藪崎明子監...    
<記事全文を読む>