来年3月に開催される第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の一部メンバーが20日発表され、大谷(日本ハム、岩手・花巻東高出)、筒香(DeNA)、秋山(西武、八戸大出)、嶋、則本(ともに東北楽天)ら18選手が選ばれた。残りの10選手は、米大リーグに所属する日本選手の出場の可否を確認した上で後日発表される。

 内川(ソフトバンク)は3大会連続の選出で、坂本(巨人、青森・光星学院高出)、中田(日本ハム)らも前回大会に続く出場となる。小久保監督は「責任と自覚を持ってオフを過ごし、世界一奪還を目指して準備を進めてほしい」とコメントした。

 日本野球機構(NPB)によると、今月1日...    
<記事全文を読む>