西太平洋に浮かぶパラオ共和国。その南国の地で野球を教えようと高知ファイティングドッグス(FD)と国際協力機構(JICA)四国支部が連携、12月5~8日、パラオ共和国を訪れた。野球の世界ランキング最下位という島国で、高知FDや現地JICA職員の取り組みを同行取材した。

 訪問団は、2班に分かれて現地入り。12月4日夜に高知FDの駒田徳広監督やJICA職員ら5人。7日には高知FDの銀二郎、大城優太、岡部峻太、サンホ・ラシィナの4選手が合流。3小学校で野球教室を開き、パラオ代表チームと交流試合も行った。

 パラオは現在世界ランク71位。これは最下位タイ。実際にプレーを見ると、スピード、技術いずれ...    
<記事全文を読む>