ことしの社会人野球日本選手権で頂点に立ったヤマハ野球部の「優勝報告・感謝の会」が13日夜、浜松市中区で開かれ、政治や経済、スポーツなど各界関係者約700人が初の快挙を祝福した。

 ヤマハ吹奏楽団の演奏に合わせて選手や美甘将弘監督らが入場。ヤマハの中田卓也社長は「選手がそれぞれの役割をしっかり果たし、6日間で5試合という厳しい日程を勝ち抜いた」とねぎらった。鈴木康友市長も「市としても大変な誇りだ」とたたえた。

 美甘監督は「皆さんの温かいバックアップのおかげで優勝でき、感謝の気持ちでいっぱい。来年の都市対抗野球に向けて精いっぱいやっていきたい」とさらなる飛躍を誓った。

 サッカーJ1ジュビロ磐...    
<記事全文を読む>