ヤマハ野球部は13日、2017年度の新体制を発表した。4人の新規加入選手を迎える一方、巨人入団の池田駿投手(24)、引退の戸狩聡希投手(26)=常葉菊川高出=ら4人が退部する。

 日本選手権を初制覇した美甘将弘監督(42)が3シーズン目の指揮を執り、同選手権連覇と都市対抗の4度目の優勝を狙う。青柳直樹主将(27)も続投となる。

 引退する戸狩は常葉菊川高時代に選抜高校野球優勝(07年)、全国高校野球選手権準優勝(08年)を経験し、09年にヤマハに入った。左ひじ故障もあり、今季は打撃投手としてチームに貢献した。同日の取材に、「思うように投げられなくなった。2年前の都市対抗予選で7試合に先発さ...    
<記事全文を読む>