部員数減少に苦しむ福井県鯖江市立待地区の学童野球チーム「立待ソルジャーズ」は11日、元メジャーリーガーでプロ野球阪神の福留孝介選手、楽天や中日で活躍し、現在は野球解説者の山崎武司さんを招き、同市立待小グラウンドで野球教室を開いた。2人とキャッチボールしたり、一問一答したりと夢のような半日を楽しんだ。

 チームの部員数が近年低迷しており現在13人。チームの存続に危機感を抱いた保護者会の副会長祖父江利光さん(45)が、高校時代の先輩で現在も親交が深い山崎さんに相談。「スター選手を招いたら、野球に興味を持ってもらえるのでは」と、体験入部も含めた野球教室を計画。山崎さんが元チームメートの福留選手...    
<記事全文を読む>