野球の第9回BFA・U-12(12歳以下)アジア選手権は12日、中国広東省の熊猫少年野球場で準決勝を行い、日本は9-0で中国に六回コールド勝ちした。沖縄県勢の宇地原丈智(世名城ジャイアンツ)は先発し好投。被安打2、3奪三振と中国打線を零封した。日本は13日、韓国と決勝で対戦する。そのほか、メンバー入りしている県勢の3選手は全員が先発出場した。福原聖矢(世名城ジャイアンツ)は3番・捕手、内間究(真喜良サンウェーブ野球部)は6番・三塁、金澤海斗(泊ファイトクラブ)は7番・左翼を務め、チームの勝利に貢献した。宇地原は8番だった。福原と内間、宇地原はそれぞれ打点1をマーク。金澤は守備で好プレー...    
<記事全文を読む>