【東京支社】今年1月に野球殿堂入りした佐伯市出身の山中正竹さん(69)=豊の国かぼす特命大使=の殿堂入りを祝う会が2日、東京都港区のホテルであった。野球界の著名人や大分県関係者ら約千人が出席。山中さんの栄誉を盛大に祝福し、今後のさらなる活躍を期待した。

 発起人の一人である熊崎勝彦日本野球機構会長、王貞治ソフトバンク球団会長が祝辞。山中さんが「古里・佐伯をはじめ、これまで支え、導いてくれた皆さんに感謝申し上げる。野球は無限の学びの宝庫。今まで得た知見を若い人たちに伝え、微力ながら日本の野球界の発展に尽くしたい」と謝辞を述べた。

 原辰徳巨人前監督の音頭で乾杯。法政大学で共にプレーし、プロ野...    
<記事全文を読む>