野球の独立リーグ・ルートインBCリーグに来春参入する「栃木ゴールデンブレーブス」は15日、下野新聞社で選手説明会を開いた。同リーグの石川から移籍加入した「ナックル姫」こと吉田(よしだ)えり投手(24)らが首脳陣と初顔合わせを行い、来季の抱負を語った。

 説明会に参加したのは、先のドラフト会議やトライアウトで入団が決まった選手20人のうち17人。江部達也(えべたつや)球団社長(48)は「私たちが目指すのは野球を通じて地域貢献し、子供たちに夢を与えること」とあいさつ。福岡ソフトバンクでプレーした経験を持つ辻武史(つじたけし)監督(37)は「栃木の地で野球をやらせてもらうことに感謝し、手本とな...    
<記事全文を読む>