BCリーグ信濃グランセローズの来季の野手総合コーチに就任する南渕時高氏(51)が7日、長野市内で記者会見し、「チーム、球団、選手のために持っている力を出したい」と抱負を語った。

 大阪府東大阪市出身の南渕氏は、ロッテなど3球団で内野手としてプレー。1993年に当時のプロ野球記録となる14打席連続出塁を達成した。南渕氏は本西監督と引退後のOBによる野球教室などで親交があり、信濃の竹内羊一球団社長は「本西監督からの推薦があった」と説明。南渕氏は9月に監督から就任を打診され決断したという。

 南渕氏は指導のテーマとして「バランスとスピード感」を挙げた。「自ら指導でプレーを示し、選手とコミュニケー...    
<記事全文を読む>