日本ハムの大谷が30日、千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で筋力トレーニングなどを行い、年内の練習を打ち上げた。シーズンオフはイベント出演やインタビューなどで多忙だが、合間をぬって練習に励み、「やりたいことはできているし、一日一日成長できていると思う」と手応えを語った。

 来年3月開幕のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表に選ばれた大谷がオフに重視して取り組んでいるのは、日本の硬球より滑りやすいとされるWBC球への対応だ。ブルペンではまだ投げていないが、ネットスローやキャッチボールを繰り返し、「だいぶ慣れてきた」。何度か練習をともにしたダルビッシュ(米レンジャーズ)からも助言された...    
<記事全文を読む>