東北楽天の立花陽三社長は29日、仙台市の球団事務所であった仕事納めで、5位だった今季を「3年連続のBクラスに終わり、私たちにとってもファンにとっても悔しいシーズンとなった」と振り返った。

 主催試合で過去最多の162万961人の観客を動員したことには「職員、関係者の皆さま、そしてファンの皆さまからの熱いご声援のおかげ。心より感謝している」と謝意を示し、「地元出身の岸投手が入団してくれた。改めて来季は優勝と170万人の動員達成を目標に、みんなで力を合わせて頑張りましょう」と呼び掛けた。

...    
<記事全文を読む>