◆プロ1年目へ抱負 プロ野球の横浜DeNAベイスターズにドラフト1位で入団する三養基高出身の濱口遥大投手(22)=神奈川大。「開幕一軍」を目標に掲げて年明けには合同自主トレを開始、プロとしてのスタートを切る。先日、佐賀に帰ってきた濱口投手に現在の心境と抱負を聞いた。

 ■仮契約を終えてプロへの第一歩を踏み出した。

 DeNAのファンフェスタとかに出させてもらって、ようやくプロの実感が湧いてきた。

 ■ドラフト前は、地元のソフトバンクか大学で慣れ親しんだDeNAに行きたいと話していた。

 DeNAに指名されて、一番はホッとした。横浜は4年間生活した場所で、お世話になった人がたくさんいる。恩返しでき...    
<記事全文を読む>