広島の丸が、オフも打撃フォームの模索を続けている。無駄な動きを省いた打法に取り組んできたが、現在は振りだす前にグリップを上下させ、右脚を上げる今季に近いフォームに戻して打ち込む。「いろいろ試している。動きがある方が合っている」。来季に向け、確実性のあるスイングを追い求める。

...    
<記事全文を読む>